不要な家具を高く売るコツは?

どうする?その家具、売りますか?

日常的な使用と手入れ

引っ越し・部屋の模様替え・家族の年齢構成や人数の変化などによって、今まで使っていた家具が不要になるときがあります。
このような場合は本来の不要というのではありません。
家具としては必要なのですが、現在の生活に合わなくなったという理由で使わなくなるわけです。

引っ越しでは、新しい家にはすでに収納場所ができている場合があり、今まで使っていた家具は、ほとんど使わずに済んでしまう場合があります。
天井まで届くような靴の収納庫、ウォークインクローゼット、壁面に作り付けのテレビボードや収納ボックスなどがあります。
住宅事情や建築様式の変化などにより、「家具の存在意義」が変わってきていると言えるでしょう。

それとは別に、突然、まるまる一件分の使わない家具が出てきてしまう場合があります。
例えば、実家の相続をしてから、使う人がいなくなったときに、遺品整理などに付随する家具です。

もし、不要となった家具が出たときには、どんな処分方法があるのでしょうか?

福祉施設などに寄付する場合は、連絡しておけば取りに来てくれることが多いようです。
遺品の場合はそのままにしておき、家を解体するときに一緒に取り壊す方法もあります。
リサイクル品の買い取り業者に売る場合は、売り物になる現状かどうかの見極めが必要です。
どうしても捨てるしかない状態であれば、粗大ごみとして処分するしかないでしょう。
その場合は、居住地の自治体のルールに従ってください。

おすすめリンク

TOPへ戻る